go top

塩分控えめのドッグフードとは

健康志向が高まっている現代、様々な食品で「塩分控えめ」が人気になっています。
塩分の取り過ぎは高血圧や腎臓病などの病気のリスクが高まります。
これは、愛犬にもいえることです。

しかし、塩分は犬にも必要です。
塩分に含まれるナトリウムは水分の量や血圧を調節する働きがあります。
塩分が不足すると犬は、土を舐めたり他の犬の尿を舐めたりして塩分を摂取しようとします。
体を維持するためには不可欠な塩分ですが、多すぎると様々な障害を引き起こす原因になるのです。
愛犬にとっての適量を意識することが大切です。

では、ワンちゃんにとっての適切な塩分量はどのくらいでしょうか?
1日の塩分摂取量の目安は、体重1kgあたり50mgといわれています。
体重2kgの小型犬で100mg、10kgの中型犬で500mg、30kgの大型犬なら1.5gです。

厚生労働省の推奨目標量は、60kgの健康な成人男性の摂取量の目安が8.0g未満になっています。
世界保健機構(WHO)では5gが目標値になっているので、人間と比較すると犬の塩分摂取量はかなり少ない基準といえるでしょう。

それは、犬の体質に関係しています。
犬は体温を呼吸で調整しているので、人のように汗を多くかきません。
つまり、体内から塩分が排出される割合が少ないのです。
ですから、人のように多くの塩分を必要としません。

ドッグフードの塩分には不足した塩分を補う以外に、水分補給のためや犬の嗜好性を高める目的もあります。
しかし、塩分の多いドッグフードは愛犬の健康のためにはオススメできません。
長い期間食べているうちに心臓や腎臓に負担をかけてしまうリスクもあるのです。
特に腎臓などに心配がある場合は、「療法食」タイプのドッグフードを与えてあげる方法もあります。
但し、腎臓病用などのタイプは味も薄いので食いつきは悪くなるかもしれません。

特別な療法食でなくても、無添加ドッグフードや天然素材を使ったドッグフードなどでは塩分を抑えたものもあるので、塩分が心配な方にもオススメです。
健康な愛犬は特に塩分控えめのドッグフードは必要ありませんが、ドッグフードの塩分量はチェックしておきたいものです。