go top

安いドッグフードの価格は

愛犬の健康は大切ですが、品質の良いドッグフードは価格も高く経済的な負担になります。
市販されているドッグフードの価格には大きな差があります。
1kgあたり500円のドッグフードがあれば、1kg2000円以上するものもあります。
4倍以上の差は無視することはできませんね。

愛犬が必要な食事量は、犬種や体格によって異なりますが、一般的には小型犬で3kgぐらいが目安になっています。
1kg1000円のドッグフードなら1ヶ月3000円が食事代になります。
これぐらいなら負担は少ないですね。

大型犬の場合は、小型犬の4倍ぐらいは必要になります。
つまり1kg1000円のドッグフードなら、12kgで12000円です。
生活に余裕があれば大丈夫かもしれませんが、愛犬の食事代に1万円以上かかるのは辛いと思う人は多いはずです。
ましてや複数頭いる場合は、大きな負担になりますね。

1kg500円のドッグフードにすれば問題は解決しますが、1kgのドッグフードを選べば良いかと言うと疑問も残ります。

例えば、1kgの中に半分の500gが肉だとします。
このドッグフードの原材料費が50%だとすると、250円になります。
原材料費に肉が占める割合がほとんどですから、200円と仮定すると、500kgで200円、つまり100g40円の肉になります。
実際の原材料費はもっと安いはずですし、ドライフードなどでは肉の量はより少なくなります。
100g20円以下の肉を使っている場合が少なくありません。
一体どんな肉なのか?考えただけでも怖くなりますね。

ペットフード安全法によってドッグフードの品質にも基準が決められていますが、原材料に含まれる添加物などの規制がないので、まだまだ安心安全のドッグフードにはほど遠いのです。

安いから全てのドッグフードが悪いという訳ではありませんが、激安ドッグフードには注意が必要です。
ドッグフードを選ぶ際には、1kg800円以下の安いドッグフードはしっかりと内容を確認するのがベストです。

格安のドッグフードを与えて愛犬の健康を害しては、「安物買いの銭失い」になってしまいますよ。