go top

半固体のドッグフード

ドッグフードの種類には、「カリカリ」と呼ばれるドライタイプと缶やアルミパウチに入ったウェットタイプがありますが、もうひとつ半固体の「半生タイプ」と表示されているものがあります。

半生タイプは、水分量が25%~35%のもので、「セミモイストタイプ」とも呼ばれています。
半固体のドッグフードは、文字通りドライタイプとウェットタイプの間に位置するものです。

ドッグフードも年齢によって変えていく必要があります。
例えば、老犬になれば噛む力が弱くなり、カリカリでは食べづらくなってきます。
しかし、いきなり柔らかいウェットタイプに切り替えるのも良くありません。
半固体のドッグフードを与えて徐々に切り変えていくのがベストです。
ドライフードを柔らかくして与えてあげる方法もありますが、噛む力がまだあるワンちゃんには、半生タイプの方が良いでしょう。

また、子犬も同様にすぐにカリカリを与えるのではなく、半生タイプから慣らしていくのが良いでしょう。
半生タイプのドッグフードは食感も生肉に近いので、食欲がない愛犬に効果的です。
愛犬の状態に合わせて使い分けて下さい。
半生タイプのドッグフードで注意したいのが、添加物です。
半生タイプのドッグフードは、ドライフードよりも水分が多いので、当然カビなどが繁殖しやすくなっています。
これを予防するために、防カビ剤や湿潤調整剤などの危険な物質が入っています。

愛犬の食いつきが悪くなった時などには、半生タイプのドッグフードを与えることは効果があります。
但し、添加物が多く含まれているので、毎日のメインにするのは危険です。
状況に応じて上手に使い分けることが必要です。
また、半生タイプは柔らかいので、歯に挟まりやすく歯垢の原因にもあります。
食べた後は、しっかり歯磨きをすることを忘れないで下さい。

半生タイプのドッグフードを選ぶ際にも原材料などをチェックして下さい。
添加物が入っているのは仕方がありませんが、より品質の良いものを選ぶことも大切です。