go top

オーダーメイドドッグフードの活用法

健康志向の高い愛犬家に注目されているのが、「オーダーメード」のドッグフードです。
「オーダーメイドドッグフード」とは、各ワンちゃんの体質や好みに合わせて作られたドッグフードです。

愛犬の悩みの中で多いのが、アレルギーです。
ドッグフードの中には、アレルギーを引き起こす「アレルゲン」が含まれているものが少なくありません。
特に穀物類を原材料にしたドッグフードに多く見られます。

犬は元来肉食でしたが、人間との生活の中で穀物を食べるようになりました。
しかし、体の構造はそのままで、穀物を上手に吸収できるようになっていません。
この吸収されない穀物が体内でアレルゲンを作るようになってしまうのです。

また、ワンちゃんによっては、穀物以外のアレルゲンを持っている場合もあります。
何がアレルゲンなのかは、獣医師に調べてもらえば特定できます。
最近では、動物病院でペットショップなどでオーダーメイドのドッグフードを推奨しています。
アレルギーで悩まれている飼い主の方は、一度試してみると良いでしょう。

オーダーメイドのドッグフードは、アレルギーの対策に活用するだけではありません。
ひとことで犬用のドッグフードといっても、犬の年齢や犬種などによって種類が異なります。
例えば、チワワは生後1年ぐらいで大人になりますが、大型犬は2年以上かかります。
年齢や犬種にあわせたドッグフードも市販されていますが、それだけでは万全ではありません。

特別に甘やかしていないのに、好き嫌いの多い愛犬もいます。
好きなものだけ与えていては、栄養不足や肥満になる可能性が高まります。
このような場合にも愛犬の好みを反映したオーダーメイドドッグフードは活用できます。

また、犬種が同じでも、去勢や避妊の有無、室内で飼っているか室外なのか、運動の回数、などワンちゃんによって違いがあります。
このような飼育環境などを考えてドッグフードを独自に作ることも愛犬の健康管理には大切です。

オーダーメイドドッグフードは、一般的なドッグフード比較すると価格は高めですが、リーズナブルな値段で提供しているメーカーもあります。
愛犬の食事が心配な方にはオススメです。