go top

ペットフードの安全法と表示基準

アメリカをはじめ先進国の諸外国に比べてペットフードの法律や安全性については、日本はかなり遅れていました。
しかし徐々に改善の傾向も見えています。
犬と猫だけですが、農林水産省と環境省の管轄で「ペットフードの法律や安全性」について定義されています。

平成21年6月1日から、愛がん動物用飼料(ペットフード)の安全性確保のための法律『愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律』通称『ペットフードの安全法』が施行されました。
この法律によって、ペットの健康に悪影響を及ぼすベットフードの製造・輸入の販売は禁止されています。
消費者に対して適切で十分な情報の提供として、製造業者名や賞味期限の表示が義務付けられています。
国は国内に流通するペットフードを監視し、問題のある物を販売する業者に廃棄、回収を、命令することができる法律です。
下記の項目は、業者としての届け出の義務があります。

製造業者

  • 製造したペットフードの名称・数量・製造年月日・原材料の名称及び数量

輸入業者

  • 輸入したペットフードの名称・数量・輸入年月日・荷姿
  • ペットフード輸入先国名・輸入の相手方の氏名又は名称・原材料の名称
  • 製造業者、輸入業者又は販売業者に譲り渡した場合(全ての業者)
  • 譲り渡したペットフードの名称・数量
  • 譲り渡しの相手方の氏名又は、名称・譲渡しの年月日・荷姿

飼い主のために「市販ペットフードについて」のバンフレットも配布されています。
総合栄養食、間食(おやつ又はスナック)・その他の目的食など、「市販フードの種類と選び方」は分かりやすく、飼い主のためのガイドラインのパンフレットです。
具体的にフードの保存方法や手作りフードの作り方などです。
また、体調管理についても、給与量の設定方法や必要カロリーなと、痩せすぎや太り過ぎをしないため、丁寧に記載されていますので、ワンちゃんを初めて飼う方には、参考になります。

このように日本も先進国に肩を並べ、ペットフードの安全性や表示などの基準に関する法律が整っているところです。
安心してペットと暮らせる環境が早く実現すると良いですね。