go top

大麦入りドッグフード

一般的なドッグフードには、穀物が含まれています。
最近は穀物不使用のドッグフードが注目されていますが、少量の穀物は愛犬には必要です。

穀物不使用のドッグフードが出てきた背景には、穀物がもたらすアレルギーがあります。
小麦などに含まれる「グルテン」が主な原因です。
グルテンは、パンなどを膨らませるのに不可欠なものですが、犬はこのグルテンを消化する酵素をもっていません。
これが原因でアレルギーを引き起こすワンちゃんが少なくありません。

愛犬のアレルギーの原因になる小麦が使われるのには理由があります。
それは価格が安いということです。
食材が安ければ、商品自体の価格も安くなります。
消費者にとっては価格が安いのは有難いことですが、商品が原因でアレルギーになってしまっては「安物買いの銭失い」になってしまいます。
小麦が全て悪いわけではありません。
それなりの栄養素も含まれているので、ドッグフードを選ぶ際には小麦粉の配分をチェックしましょう。
配分量が一番多いような商品は、やはり要注意です。
避けた方が無難でしょう。

同じ穀類でも、ドッグフードに多く使われているのが「大麦」です。
大麦は小麦と同じ穀類ですが、グルテンは含まれていません。
また、消化を助ける「アルブミン」や「グロブミン」などのタンパク質が多く、白米よりも3倍も早く吸収されるといわれています。
さらに、ビタミンB1やカルシウム、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。
ワンちゃんの消化をサポートしてさらに栄養が摂取できる穀類なのです。
名前は似ていますが、小麦と大麦とでは、色々な面で差があるのです。
穀類の入ったドッグフードを選ぶのなら大麦入りのものを選ぶようにしましょう。

また、食物繊維は便秘の予防にもなります。
特に肥満が気になる愛犬には、ダイエット効果もあるので、大麦入りドッグフードはオススメです。

但し、大麦といっても穀類であることには変わりがありません。
小麦よりはアレルギーがでにくい食材ですが、アレルギーが出るワンちゃんもいます。
愛犬の様子を観察しながら、ドッグフードを選ぶようにして下さい。
アレルギーが気になるのなら穀物不使用のドッグフードを選ぶのも良い方法ですね。