go top

栄養不足による影響

愛犬が栄養不足になる。
「そんな馬鹿な」と思われる飼い主の人は多いでしょう。
毎日ドッグフードを与えていれば、栄養不足になるなんてあり得ないと思いますよね。

しかし、実際は栄養不足になるワンちゃんが少なくないのです。
その原因は、ふたつあります。

ひとつは、ドッグフードの質です。
ワンちゃんにとって最も重要なのが「タンパク質」です。
筋肉や骨、皮膚や毛など、体のほとんどがタンパク質で作られています。
タンパク質が不足すると毛並が悪くなったり、関節が弱くなったり、ウンチの出が悪くなったり、目やにや涙やけが出たりします。
最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうケースもあるのです。

タンパク質は、当然ドッグフードに含まれていますが、問題はその原材料です。
犬は元来肉食なので、タンパク質も動物性のものがベストです。
しかし、ドッグフードの中には、価格が安く抑えられる穀類を原材料にした植物性タンパク質を使用しているものも多くあります。

肉食がメインの犬は、穀物が上手に消化できません。
つまり、植物性のタンパク質は十分に吸収できないので、結果タンパク質が不足してしまう可能性が大きいのです。
愛犬の体づくりのためには、上質の動物性タンパク質を多く含んだドッグフードを選ぶべきです。

愛犬が栄養不足になるもうひとつの原因は、「ダイエット」です。
最近はペットの肥満を気にする飼い主の方が増えています。
しかし、少し太っているからと言って肥満とは限りません。
肥満は体重ではなく、脂肪の量です。
体格が良いだけで肥満ではないケースも多くあります。

これを理解しないで、ドッグフードの量を減らしては、栄養不足になってしまいます。
愛犬の状態を的確に判断することが大切です。
ダイエットが必要な場合でも、減らす必要があるのは糖質とカロリーですから、高たんぱくで低下カロリーの良質なドッグフードに切り替えることが適切な方法です。

見た目にはなんでもなくても、愛犬が栄養不足になっている場合もあります。
愛犬の健康のためには、栄養価の高い良質のドッグフードを選んであげることが大切ですね。