go top

ドッグフードを食べない時の対処法

愛犬がドッグフードを食べない・・・ 飼い主なら当然心配になりますね。
愛犬がドッグフードを食べない理由は色々考えられますが、もっとも気になるのが病気が原因の場合です。
下痢やおう吐などの症状がある場合は、まずは獣医さんに相談しましょう。

特別な症状がないのにドッグフードを食べない原因は、「運動不足」や「加齢」「わがまま」が考えられます。
毎日散歩させていても愛犬には運動量が不足している場合があります。
散歩から帰っても騒いだり、逆に無気力になってるような状態は運動不足の可能性があります。
くつろいでいるような状態が適度な運動をした後に見られる状態ですから、愛犬をしっかりと観察して運動の内容を考えてみましょう。

シニア犬になると、噛む力も弱くなり消化器官も衰えてきます。
これまでのドッグフードでは合わなくなってしまいます。
シニア犬用のドッグフードに切り替えましょう。
歯槽膿漏などで食べづらくなっている場合は、ドッグフードをふやかしてあげるのも効果的です。
ドライフードを缶詰のウェットドッグフードにしてみるのも良いでしょう。

愛犬がドッグフードを食べない原因で、もっとも多いのが「わがまま」です。

犬は頭の良い動物です。
ドッグフードを食べないといって美味しいおやつを与えてしまうと、ドッグフードを食べなければ美味しいおやつがもらえると判断します。
こうなると一筋縄ではいきません。
きちんとしつけをする必要があります。

まずは、ドッグフードを与える時間を明確にして、食べなければ片付けてしまいます。
おやつを欲しがっても与えてはいけません。
毎日の食事時間にきちんと食べるようにしつけて下さい。
食べるまでは心を鬼にしてガマン比べです。
犬は味覚ではなく嗅覚で食欲を感じるので、ウェットドッグフードを温めるだけでも食欲を刺激します。
また、鶏がらスープを少しかけてあげるのも効果があります。
そして、何よりもドッグフードを食べたらほめてあげましょう。
ほめてあげることで愛犬のわがままもなくなりますよ。